ネット回線業者とプロバイダーの違い

かなりの多くの人が勘違いというかごっちゃになりやすいのがネット回線業者とプロバイダーの違いだと思います。

同じだと思っている人も多いのですがネット回線業者とプロバイダーは全くの別物になります。

ではそれぞれの違いについて確認していきましょう。

ネット回線業者は回線を引く

ネット回線業者は光回線など回線を引いたりネット回線を管理している業者ということになります。

回線工事を行ったり、回線トラブルなどに対応しているのがネット回線業者になります。

一番有名なネット回線業者をあげるとNTTがあげられます。それ以外にもKDDIやeoネットなどもあります。

回線業者によって対応エリアや速度に違いが出てきますので、自分にあった回線業者を選択するようにしましょう。

プロバイダーはインターネット接続業者

回線の設備が整ったらパソコンをインターネットに接続しなければいけません。その時には回線業者ではなくプロバイダーと契約してインターネットに接続してもらいます。

回線だけではインターネットを利用することはできず、回線+プロバイダーでインターネットを利用することができます。

プロバイダーの種類はかなり多く、プロバイダーによってサービスや料金などが異なってきます。

ほとんどの代理店では回線契約とプロバイダー契約を一緒に行ってくれているため楽に契約することができると思います。

逆に別々に契約すると自分好みのプロバイダーを選べるメリットはありますが、どこのプロバイダーを利用しても正直さほど変わりません。

別々だと面倒にもなりますのでキャンペーンを利用して代理店から契約することをおすすめします。

ネット契約安いのはここ
安いフレッツ光代理店を紹介しています。